iphoneの箱だけでも売れるのか

iphoneの箱は売れるのか

日本だけでなく世界でもiphoneは高い人気を誇っていて、
スマートフォンの中でも高級ブランドという認識があります。

 

そのためiphoneは中古になっても価値があり、中古買取りをしているお店は少なくありません。
iphone本体だけでなく、気になるのが購入したときの付属物も買取りしてもらうことができるかどうかということです。

 

実はiphoneを買取してもらうとき、付属品はあるのとないのとでは買取り価格が異なってくることがわかっています。
付属品がない場合は、ある場合と比べてある程度、減額になるので、箱にも価値があるといえます。

 

ただ箱だけで、そもそも売れるのかということですが、
iphoneを買取している業者では箱だけで買取りというよりも、iphoneの付属物として一帯買取りをしていることが多くなっています。

 

ただ箱だけ手元にあるという場合は、オークションなどに出品すると落札されることがわかっています。
箱の値段の目安は、これまでのオークションの取引例から見ると1000円前後になっています。

 

箱だけがどうして売れるのかと疑問に感じることがありますが、
それはiphoneを売却するときに圧倒的に付属物なしで売却されることが多いからです。

 

購入した人の多くは、箱やパンフレットなどを捨ててしまうので、売却するときはiphoneだけを売却することになります。
ただ中古のiphoneを買い取った業者が、それらをメンテナンスして再び販売するときは、
iphoneだけよりも箱などの付属物があったほうが新品に近い状態であるとアピールすることができるので、箱が重要性を増すといえます。

 

そのため箱にも大きな需要があり、箱だけでも売却することができるといえます。
iphoneはブランド力があるので、ブランドバッグなどを売却するときに袋や箱が揃っていると買取り価格に少し色を付けてもらえるのと同じですから、購入時の箱も大事にしておくことをおすすめします。